外壁診断のプロが
お住まいを徹底調査

チョーキング現象
汚れやコケの付着
ヒビ割れ
シーリングの劣化

外壁にこんな症状ありませんか?

外壁を触ると白い粉がつく。これはチョーキング現象といって、劣化した塗料の成分が粉状になった物です。その他、汚れやコケの付着、ヒビ割れが見られたら塗り替え時期のサインです。塗り替えのタイミングは、新築時または外壁塗装後より10~13年前後と言われています。立地条件等にもよりますが、お住まいの状態が気になったら、外壁診断をオススメします^^

 

屋根外壁塗装の前には必ず
建物の診断・調査を行います

建物のメンテナンスやリフォーム工事を行う前には、必ず建物の診断を行います。建物の劣化状況や立地状況により、工事内容や仕様は異なります。お住まいの正確な数量の計測は、適切な仕様・金額のご提案に直結します。外壁診断のプロが、お住まいを隅々まで徹底調査し、工事不要と判断した場合は、屋根・外壁塗装のご提案はいたしません。高品質な塗装工事は、お住まいの診断から始まります!

屋根・外壁点検の流れ
①お問合せ

本フォームまたは下記フリーダイヤルより、建物診断のご希望の旨をお伝えください。
ご住所は、診断される建物のご住所をお伝えください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-95-1147
②外壁診断専門スタッフがご予約日に伺います

ご予約日に、外壁診断専門スタッフがお住まいを徹底調査いたします。診断の所要時間は、1時間~2時間程になります。分からないことやご心配ごとなど、何でもご相談ください!

③点検報告書作成・ご提出

後日、点検内容をまとめ点検報告書とご提案書(お見積り)をお渡しいたします。
(※工事不要な場合は屋根・外壁塗装のご提案はいたしません) 

建物診断のプロが、お住まいの状態を徹底調査し、外壁・屋根塗装が必要かどうかしっかりと見極めます!
屋根のような高い箇所も、ポールカメラにて撮影し普段目の届かないところもしっかり調査いたします。

住まいの点検お任せください!

ポールカメラで高い所も点検調査

目の届かない屋根も!

チョーキング現象

クラック(ヒビ)の状態を確認
幅や深さを測定

点検後詳細な報告書をご提出

お問合せフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:横浜市都筑区

(例:090-0000-0000)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

必須

テキストを入力してください