外壁塗装の色選び

外壁塗装の色選びでは、面積効果や明度対比など、色の見え方の性質を理解することが後悔の少ない色選びのポイントになります。
こちらのページでは、色選びのポイントやカラーシミュレーションについてお話いたします♪

色の特徴

色の見え方

色は、光や面積の大小、隣接する色など、さまざまな条件によって見え方が変化します。同じ色なのに違って見えるのは目の錯覚(錯視)による物です。外壁塗装の色選びでは、錯視をよく知ることがポイントとなります!

光源による違い
光(太陽光・蛍光灯・白熱灯など)の明るさにより違いにより異なる印象に見えます。
膨張色・縮小色
暖色系の明るい色は実際よりも膨らんで見え、寒色系の暗い色は収縮して見えます。
色の面積効果
面積の大きさによって薄く明く見えたり、色合いが鮮やかに見えます。
明度対比
隣接する色によって、同じ色でも明るく見えたり、暗く見える現象です。

【POINT】色は、周囲の影響を強く受け見え方が変化します!

色の面積効果

同じ色でも面積の違いによって色の見え方が違ってくる現象を色の面積効果といいます。明るい色はより明るく、暗い色はより暗く感じられます。屋根や外壁のような大きな面だと違いがより顕著になります。「色見本と違う仕上がりになった」「イメージ通りの色ではない」と言うような、実際に希望した色とは違うように感じるのは、面積効果が大きく影響しています。

【POINT】外壁塗装では淡彩色はワントーン濃い目の色を、濃色はワントーン薄めの色を選ぶのがポイントです。

色選びのポイント

色見本やサンプルを多数ご用意しております

①面積効果を考慮しワントーン暗め・明るめの色を選ぶ!
塗装業者が用意するカラーサンプル見本を参考に、ワントーン暗め・明るめの色を選ぶことをお勧めいたします。

②A4サイズのサンプル板で確認する
実際に使用する塗料を塗布したサンプル板を太陽光の下で確認しましょう!

③周囲との調和
外壁塗装は、住む人も周囲の人も心地よいと感じられる色使いが理想です。隣接する住宅や、自然とのバランスを取ることも大切です。

【POINT】自身のイメージに近い建物を色見本と照らし合わせてみるのもいいですね!

ご自宅画像で!

塗装前に仕上がりのイメージを確認できる

膨大なカラーサンプルの中から、色を選び、大きな住まいや建物の仕上がりをイメージするのは難しいことです。
実際、塗装してみたら「想像以上に明るすぎた」「暗くなり控え目な印象に…」「周囲とのバランスがとれていない」など後悔される方も少なくありません。アローズでは、専用ソフトにてカラーシミュレーションを作成いたします。ご自宅画像を使用し、シミュレーションいたしますので、建物全体の雰囲気や、近隣・周囲とのバランスが確認できます。より仕上がりに近いイメージになるよう作成させていただきます。

「同系色の色の差を見てみたい」「1階と2階で塗分けしてみたい」などお客さまのご希望を詳しくお聞きします。
色を変えたいと思ってはいるが、何色が良いか思いつかない…とお悩みの際は、「今の外壁より明るめにしたい」「シックな感じ」などでも構いません。色のプロがカラーサンプルや人気色、過去の配色パターンより、お客さまのご要望が形になるようお手伝いいたします。

こんなお悩み解決します

  • 色がたくさんありすぎて悩む
  • カラーサンプルを見てもイメージがわかない
  • いろいろな配色を試してみたい!
  • 近所・周囲との調和は取れている?
  • 屋根と外壁とのバランスを見たい!

様々なシミュレーションが可能

カラーシミュレーションは、お客さまのご自宅画像を使用します。撮影は、こちらで行いますのでご安心ください。(メールにてお送りいただいても構いません)

カラーシミュレーション専門スタッフが、汚れやヒビ割れなどを丁寧に修正し、塗装後の仕上がりに近づくようレタッチします。

細かくマスキング(領域指定)を行い、1階や2階の塗り分けはもちろん、帯板などの細かな箇所の色変更にも対応いたします。

色入れの際は、実際に使用する塗料の色見本を見ながら、お客様のご希望や、色の特性や特徴を考慮し、
実際の色味に近づくよう作成いたします。
印刷後、細かく色調整を行い仕上げていきます。


3Dカラーシミュレーションとは違い、カラーシミュレーション専用のソフトでの作成は、
自然な仕上がりで、多くのお客さまに喜ばれております。

A4用紙にプリントしてお渡しいたしますので、ご家族とゆっくりと色のご相談をしていただけます!