横浜市外壁塗装事例

(22)横浜市青葉区 A様邸 水性セラミシリコン 外壁塗装

Before

外壁塗装前
外壁塗装前

After

外壁塗装後
外壁塗装後

施工内容 
外壁塗装 屋根塗装 軒天塗装 破風塗装 霧除け塗装 水切り塗装 戸袋塗装 雨樋塗装 フード塗装 ガスメーターパイプ塗装 足場工事 高圧洗浄工事

工事費用 約1,430,000円

工期 約15日

使用塗料
外壁:エスケー化研 水性セラミシリコン
屋根:日本特殊塗料 パラサーモシリコン
軒天:エスケー化研 ナックベース
付帯部:エスケー化研 クリーンマイルドウレタン

アローズに外壁塗装を依頼した経緯
■知人からの紹介(ご近所T様より)
□チラシ・ホームページから
リピート
□その他

横浜市青葉区A様より外壁屋根塗装工事をお任せいただきました。

外壁点検の結果、以下のような経年による劣化が見られました。
屋根:色褪せ、コケの付着屋根板金:釘の浮き・抜け破風:旧塗膜の剥がれ
外壁:色褪せ、チョーキング現象、ひび割れ、
シーリングの劣化鉄部:色褪せ、チョーキング現象、汚れの付着

夏季になると2階がとても暑くなるため、屋根には遮熱塗料での塗装をご希望され、日本特殊塗料のパラサーモシリコン(ディープブルー)を使用し塗装いたしました。パラサーモシリコンは、遮熱効果に優れ、太陽光線に対する反射率と熱放射率が高く、屋根に塗装すると室内への熱の侵入を遮断し、室内温度の上昇を抑えることが期待できる塗料です。耐久性も高く、カ高光沢な色彩で屋根を美しく彩ります。
また、より効果を上げるため、軒天に換気口と、屋根に換気棟を取り付け、ベランダにも庇を取り付けました。

外壁は、エスケー化研の水性セラミシリコン(05-70D)にて塗装いたしました。水性セラミシリコンは、環境に優しく、耐久性の高いセラミックシリコン樹脂塗料で、建物の外壁を強固に保護します。

軒天は、エスケー化研のナックベースにて塗装いたしました。ナックベースは、下地への浸透性が高く、密着性に優れています。煙草のやに止め防止効果も高く、防かび性、低温造膜性に優れています。

付帯部は、エスケー化研のクリーンマイルドウレタンにて塗装いたしました。クリーンマイルドウレタンは、セラミック複合の特殊技術で従来にない超低汚染性を発揮します。

A様邸、外壁塗装工事は15日の工期で建物全体が美しくよみがえりました。また何か気になる箇所がございましたら、お気軽にお問い合わせください。この度はありがとうございました。

塗装前後

外壁塗装
外壁は、塗装面に付着した汚れやコケ、旧塗膜を高圧洗浄にて洗い流し、下塗り、中塗り、上塗りと塗装します。
エスケー化研 水性セラミシリコン 05-70D

外壁 塗装前

外壁 塗装前

外壁 塗装前

外壁 塗装後

外壁 中塗り

外壁 塗装後

屋根塗装
トルネード洗浄後、板金部分は、塗装前にケレン作業を行います。釘が出ている場合は、再度出て来ないように釘頭をコーキング材にて打ち固めます。屋根は、下塗り、中塗り、上塗りと3回塗装します。完全に乾燥したら、縁切りを行います。屋根の縁切りは、塗装によって塗料が重なりふさがった部分を、1枚1枚道具を使って開けていく作業です。屋根材裏面の 排水性と通気性を高め、雨漏りや腐食を防止する重要な作業です。
【日本特殊塗料 パラサーモシリコン ディープブルー】

外壁 塗装前

外壁 塗装前

外壁 塗装後

外壁 塗装後

外壁 塗装後

軒天塗装
軒天は、塗装を行う前にケレン作業を行い、旧塗膜などを取り除き、下塗り、上塗り1回・2回と塗装いたしました。
【エスケー化研 ナックベース

軒天 塗装前

軒天 塗装後

軒天 塗装後

軒天 塗装後

破風塗装
破風は、塗装を行う前にケレン作業を行い旧塗膜などを取り除き下塗り、上塗りと塗装いたしました。
【エスケー化研 クリーンマイルドウレタン

破風 塗装後

破風 塗装後

その他鉄部塗装
その他鉄部等は、塗装を行う前にケレン作業を行い旧塗膜などを取り除き下塗り・上塗りと塗装いたしました。
【エスケー化研 クリーンマイルドウレタン

換気フード 塗装後

霧除け 塗装後

水切り 塗装後

ガスメーターパイプ 塗装後

戸袋 塗装後

戸袋 塗装後

雨樋塗装
雨樋は、塗装を行う前にケレン作業を行い旧塗膜などを取り除き上塗り1回・2回と塗装します。
【エスケー化研 クリーンマイルドウレタン】

雨樋 塗装後

雨樋 塗装後